失敗しても泣かない。低所得者がFXで長期運用に挑戦。

略して「もなかFX。」低所得者がFXで長期運用に挑戦しています。 目標は、失敗しても泣かないこと。 60歳で貯蓄5000万円を目指して。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓ブログランキングに参加しています↓応援よろしくお願いします↓
FC2ブログランキングへ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ ブログランキング FXランキング ブログ為替レート

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

アナリスト -FX用語集-

アナリストとは、個別の株価や相場全体の動きを分析し、運用者に対して情報を提供する人のこと。

大きく分けると、チャート分析などテクニカル要因を活用する「テクニカルアナリスト」と、経済統計や経営実態などファンダメンタル要因を元に分析する「ファンダメンタルアナリスト」がいます。

証券会社では専属の証券アナリストを雇っているところ多く、「アナリストレポート」という形で分析をまとめた文章が存在し、口座を持っているだけで、無料で見れるところもあったりします。

アナリストレポート」は、初心者はもちろん、上級者にとっても今後を予測する上でひとつの指針となものです。

FXに興味を持っている方は、意味はもちろん、状況もしっかりと把握できるように、事前にFX用語を勉強しておくと良いでしょう。

ただし、分析家というのは、その道のプロですが、必ずしもすべての言葉が正しいというわけでもありません。

分析というのはあくまでも過去の事例やデータを整理し、そこから未来を予測するためのもの。

今後起こりえるであろうひとつの可能性として、受け止めておく・・・・くらいの心積りで。
↓ブログランキングに参加しています↓応援よろしくお願いします↓
FC2ブログランキングへ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ ブログランキング FXランキング ブログ為替レート

| FX用語集 | 21:48 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。