失敗しても泣かない。低所得者がFXで長期運用に挑戦。

略して「もなかFX。」低所得者がFXで長期運用に挑戦しています。 目標は、失敗しても泣かないこと。 60歳で貯蓄5000万円を目指して。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓ブログランキングに参加しています↓応援よろしくお願いします↓
FC2ブログランキングへ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ ブログランキング FXランキング ブログ為替レート

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

本日の豪ドル平均予想レンジ -2012年11月26日-

本日の豪ドル平均予想レンジ 85.55~ 86.80円

豪ドルは対米ドル、対円ともに上昇した。

①ユーロ圏財務相によるギリシャ支援の合意が近いとの見方が広がり不透明感が後退した。
②米株価が大幅上昇した、などによるリスクオンが豪ドル相場を支えた。

特に、豪ドル円はドル円の堅調地合いもサポートとなり大幅上昇。

86円台前半の高値を付けた。

今年3月18日高値の88円60銭付近まで上昇余地はありそうだが、日足のrsiが64.8と買われ過ぎの水準に近づいていることなどから、好材料が一巡すれば上値が次第に重くなる公算が大きい。(CITIBANK)

今日の豪ドル/円テクニカル見通し

豪ドル/円は先月14日の陽線から数えて8連騰を記録しました。

「新値八手十手」という言葉があり、すでに8営業日連騰しているだけに、値ごろ感から言えば高値警戒感が強まるところではありますが、ローソク足は6日線の上で推移しており、上昇トレンドは未だ継続していると考えられます。

まず上値目処は、86.30円前後が第一関門です。近くには86.28円(バンド上限)や86.33円(2011年安値72.05円-同年10/31高値83.92円の値幅11.87円を、今年6/1安値74.46円に加えた値)など、複数の目標値が集まっており、攻防の分岐点となっています。

ここを突破できるようですと、86円台後半よりも87円台半ばから後半に向けた一段高が予想されます。

なお中長期的には、、88.04円(2010年高値)や88.59円(3/19高値)、90.00円(2011年高値)がある三山のあたりが、攻防の分岐点として挙げられます。

反対に下値目処は、本日11時過ぎに付けた安値85.90円を下抜けるようですと、6日線(85.48円)が下値支持と指摘のするか注目されます。

すぐ下には85.29円(2009年10/23高値)や85.34円(11/23安値)もあり、85円台が堅そうな印象ですが、このあたりで下げ止まらないと6日線下抜けのイメージから調整局面に入りやすくなることも考えられます。


○上値目処
86.13円(2011年8/1高値)
86.27円(11/7高値84.12円-11/9安値81.97円の値幅2.15円を、84.12円に加えた値)
86.28円(バンド上限)
86.33円(2011年安値72.05円-同年10/31高値83.92円の値幅11.87円を、今年6/1安値74.46円に加えた値)
86.69円(10/8安値79.40円-11/7高値84.12円の値幅4.72円を、11/9安値81.97円に加えた値)
87.55円(2011年高値90.00円と2012年3月高値88.59円を結んだレジスタンスライン)
87.71円(2011年7/8高値)
88.04円(2011年高値)

○下値目処
85.90円(本稿執筆時点での、11/26安値)
85.48円(6日線)
85.34円(11/23安値)
85.29円(2009年10/23高値)
84.78円(4/13高値)
84.72円(11/19高値)
84.53円(11/20下ヒゲの1/2下押し)
84.36円(12日線)
84.14円(11/19安値)
84.12円(11/7高値)
83.88円(3/19高値88.59円-6/1安値74.46円の値幅14.13円の2/3戻し)
83.85円(20日線)
※20日線など、特に注のないものは本日時点でのデータです。

=====
トレードアイディア的には、86.30円前後の目標値を突破できていないということで、一旦調整する可能性から売りからのエントリを考えたいと思います。

86.23円(11/23高値)で売り、利食いは85.48円(6日線)、損切りは86.55円(本稿執筆時点での11/26高値86.40円+15銭。86.50円レベルの売り注文が成立したら損切りというイメージ)、でしょうか。

なお、損切りの際は上昇トレンド継続の可能性を考慮して、倍返しを付けたいと思います。(外為どっとコム総研)

◎関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、為替取引に当たっては自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

当ブログでは相互リンクしていただけるサイト様を随時募集しております。
こちらから簡単にご申請いただけます。

↓ブログランキングに参加しています↓応援よろしくお願いします↓
FC2ブログランキングへ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ ブログランキング FXランキング ブログ為替レート

| 豪ドル予想レンジ | 14:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://omufx.blog.fc2.com/tb.php/271-cfa84a19

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。