失敗しても泣かない。低所得者がFXで長期運用に挑戦。

略して「もなかFX。」低所得者がFXで長期運用に挑戦しています。 目標は、失敗しても泣かないこと。 60歳で貯蓄5000万円を目指して。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓ブログランキングに参加しています↓応援よろしくお願いします↓
FC2ブログランキングへ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ ブログランキング FXランキング ブログ為替レート

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

本日の豪ドル平均予想レンジ -2012年11月02日-

本日の豪ドル平均予想レンジ 82.70~ 83.85円

豪ドルは3営業日続伸。

10月の中国pmiが50.2と景況感の分かれ目となる50.0を上回り、豪州の主要輸出相手国である同国の景気回復期待が豪ドルをサポートした。

豪ドル米ドルは1.03米ドル台前半から1.04米ドル台前半、豪ドル円は82円台後半から83円台前半へ上昇、今朝の市場でも上値余地を探る展開が続いている。

来週6日に開催される豪州準備銀行(rba)の理事会を控え、市場では追加利下げの可能性に関する見方は分かれており、豪ドルは積極的な取引が手控えられそうだが、米ドル高を背景とする全般的なクロス円の上昇が豪ドル円をサポートしよう。

豪ドル円の上値メドは8月21日高値83円57銭や4月27日高値84円50銭。(CITIBANK)

今日の豪ドル/円テクニカル見通し

昨日、豪ドル/円は堅調な動きが続くと、チャート上にはヒゲがほとんどない陽線が出現。

ほぼ「陽の丸坊主」となったことで、目先的にはレンジ上抜け期待が高まっています。

ただ、レンジ上限付近での上値の重さが嫌気されるようですと、値ごろ感からの売りが増えて反落することも予想されます。

攻防の行方が今後の相場を読む上でポイントとなりそうです。

まず上値目処は、従来のレンジ(概ね81.60円台-82.60円台)を再び上抜け、83円の節目をも突破した現在、目先は83円台半ばの攻防に注目です。

近くには10/25高値(83.45円)や8/21高値(83.55円)など目標値が複数あり、突破は容易でないと見ますが、もし突破できれば、83.88円(3/19高値88.59円-6/1安値74.46円の値幅14.13円の2/3戻し)や84.21円(バンド上限)が次の目標値として挙げられます。

反対に下値目処は、先ほど触れた83円の節目や、従来のレンジ上限の82.60円台が下値支持となるかがポイントです。

これらを下抜けると、10/26安値(82.28円)や、200日線(82.23円)がある82.20円台への下押しが予想されます。

さらに下となると、まずは10/31安値(81.99円)を始め、従来のレンジ下限と目される81.60円レベル(10/22安値81.63円や10/23安値81.65円)でしょうか。

○上値目処
83.45円(10/25高値)
83.55円(8/21高値)
83.88円(3/19高値88.59円-6/1安値74.46円の値幅14.13円の2/3戻し)
84.21円(バンド上限)
84.78円(4/13高値)
86.13円(2011年8/1高値)
86.33円(2010年安値72.05円-同年10/31高値823.92円の値幅11.56円を、昨年11/24安値74.77円に加えた値)

○下値目処
82.91円(週足上での一目均衡表の雲の上限)
82.85円(6日線)
82.66円(10/23高値)
82.60円(12日線)
82.28円(10/26安値)
82.23円(200日線)
81.99円(10/30安値)
81.88円(10/24安値)
81.63円(10/22安値)
81.76円(20日線)
81.58円(10/8・10安値を結んだサポートライン)
81.43円(週足上での一目均衡表の転換線)
80.91円(9/28高値)
80.32円(週足上での一目均衡表の雲の下限)
※20日線など、特に注のないものは本日時点でのデータです。

=====
今日のトレードアイディア的には、レンジ上限付近にまで上昇してきたという事で、一旦は売りからのエントリーを考えたいと思います。

83.50円で売り、83.07円(9/14高値)で買い戻し。損切りは83.67円(9/14高値83.55円+12銭)、でしょうか。

ただし、損切りの際はレンジブレイクの可能性を考慮して倍返しを付けたいところ。

なお、本日は米10月雇用統計というビッグイベントがありますので、発表前に新規売りの指値が不成立ならば一旦引っ込める、利が乗っているポジションがあれば利食いを済ませておく、など柔軟に対応しておきたいところです。

◎関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、為替取引に当たっては自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

当ブログでは相互リンクしていただけるサイト様を随時募集しております。
こちらから簡単にご申請いただけます。
↓ブログランキングに参加しています↓応援よろしくお願いします↓
FC2ブログランキングへ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ ブログランキング FXランキング ブログ為替レート

| 豪ドル予想レンジ | 11:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://omufx.blog.fc2.com/tb.php/257-9bd40b0f

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。