失敗しても泣かない。低所得者がFXで長期運用に挑戦。

略して「もなかFX。」低所得者がFXで長期運用に挑戦しています。 目標は、失敗しても泣かないこと。 60歳で貯蓄5000万円を目指して。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓ブログランキングに参加しています↓応援よろしくお願いします↓
FC2ブログランキングへ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ ブログランキング FXランキング ブログ為替レート

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

本日の豪ドル平均予想レンジ -2012年08月21日-

本日の豪ドル平均予想レンジ 82.40~ 83.50円

豪ドルは対米ドルで1.04米ドル台前半から後半へ小幅に反発。

一方、対円は82円台後半から83円台前半で動意の乏しい展開となった。

本日は豪州準備銀行(rba)理事会の議事録(8月7日分)が公表される。

政策金利は2カ月連続で据え置かれたが、rbaは5、6月の利下げ効果を見極めようとしており、今後の政策判断を占ううえで注目されよう。

豪経済指標は予想外に足元の景気の強さを表しており、早期利下げ観測が後退しつつある。

こうしたなか、豪ドル円は21日移動平均線82円21銭でサポートされ、堅調な地合いが続くとみている。

RBA議事録を受けて豪ドル小幅上昇

先ほど、今月7日に行われた豪準備銀行(RBA)理事会の議事録が公表されました。
主な内容は、

・成長トレンドやインフレ動向をを考慮すれば政策は適切
・過去の利下げの効果が顕著になるまでには、なお一定の期間を要する見込み
・住宅市場の動向からし刺激措置の効果が出ている
・企業向け融資や家計商品回復については、政府の措置が関与
・世界経済の見通しが悪化し、商品価格が下落しているにも関わらず、豪ドルは依然として高水準である
・豪ドルの実効為替レートは変動相場移行後の最高値付近。海外からの豪国債への需要が豪ドル相場を押し上げている
・スイス中銀が介入で得た資金で、豪ドルを購入
・資源投資は2013/14年でピークを迎え、その後緩やかに減衰すると予想
・雇用の増加は緩やかなペースに留まる見込み
・世界経済の見通しは脆弱なままであり、欧州についてのリスクが見通しを不透明にしている
・中国経済がより持続可能なペースで成長を維持する、一時的な兆候が見られる

・・・などとなっています。

議事録によりますと、今月7日の理事会では、過去の利下げの効果がまだできっていないことを理由に、金利据え置きを決定しています。

ただ、今後の追加利下げの必要性についての言及は見られませんでした。

一部では、今月17日に豪財務省が豪ドル高が進む場合は金利を引き下げるべきとの見解を示したことをを理由に、追加利下げをにおわす内容になるとの期待が浮上していた模様です。

しかし、実際には追加利下げについての見解が示されなかったことで、同行の追加利下げ観測が後退し、豪ドル/円は小幅に上昇。

豪ドル/円は公表前の82.98円前後から83.16円まで値を上げています。

◎関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、為替取引に当たっては自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

当ブログでは相互リンクしていただけるサイト様を随時募集しております。
こちらから簡単にご申請いただけます。
↓ブログランキングに参加しています↓応援よろしくお願いします↓
FC2ブログランキングへ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ ブログランキング FXランキング ブログ為替レート

| 豪ドル予想レンジ | 15:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://omufx.blog.fc2.com/tb.php/205-3d0302cd

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。