失敗しても泣かない。低所得者がFXで長期運用に挑戦。

略して「もなかFX。」低所得者がFXで長期運用に挑戦しています。 目標は、失敗しても泣かないこと。 60歳で貯蓄5000万円を目指して。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓ブログランキングに参加しています↓応援よろしくお願いします↓
FC2ブログランキングへ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ ブログランキング FXランキング ブログ為替レート

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

本日の豪ドル平均予想レンジ -2012年08月06日-

本日の豪ドル平均予想レンジ 82.50~ 83.70円

先週末の豪ドルは対米ドルで1.04ドル台前半から1.05ドル台後半に上昇、前日に付けた3月20日以来の高値にほぼ並んだ。

豪ドル円も81円台半ばから83円台前半に上昇し、5月2日以来3カ月ぶりの高値を付けた。

7月の米雇用統計で非農業部門雇用者数が事前予想を上回る増加幅となり、投資家がリスク選好を強めたことが背景。

市場には豪州の金利先安観が残っているが、明日の豪州準備銀行(rba)理事会で政策据え置きが決められ、声明で強気な景気判断が示されれば、豪ドルは堅調に推移しよう。

豪ドル円の日足一目均衡表をみると、基準線、転換線、21日および200日移動平均線など複数のサポートが81円台前半に集中しており、短期的な下値メドとなりそうだ。(CITIBANK)

朝の注文状況

いずれの通貨ペアも、やや売り注文が多いように感じられます。

先週末の米雇用統計の結果を受けてリスク・オン相場となりましたが、早めの利益確定の動きでしょうか。

ドル円は79.00円、ユーロ円は98.0円、豪ドル円は83.50円という節目の水準に売り注文が厚めに入っています。

もっとも、ユーロ円だけはストップ・買い注文もストップ・売り注文も比較的多く、強弱感が対立している様子です。

今日の豪ドル/円テクニカル見通し

3日の豪ドル/円は83.09円まで上昇し、引けでもほぼ3カ月ぶり高値水準を維持しました。

これにより、バンド上限を押し上げる陽線が出現しており、目先的には従来のレンジ(79円台前半から82円台半ば)から、新しいレンジ(82円台半ばから84円台後半)への移行が予想されます。

レンジ切り上げの可能性とはいえ、相場ですので、ダマシもありえます。

個人的には82円台半ばがサポートとして機能するかに、注目したいと思います。

ここを維持できればレンジ切り上げ、できなければ従来のレンジに逆戻り、とのイメージでしょうか。

まず上値目処は、バンド上限(83.10円)や現時点での8/6高値(83.11円)が位置する、83円台前半です。

このあたりを越えてゆけるようならば、短中期ではレンジ上限と目される、3/7安値(84.80円)が見えてきます。

反対に下値目処は、6日線(82.29円)と、12日線(81.67円)や20日線(81.49円)が位置する81円台半ばの2つがポイントです。

特に後者は、8/1と8/2の下押しがこのレベルで止まっていることからも、攻防の分岐点となっています。

このあたりを割り込むと下値が深くなることが予想され、その場合はバンド下限(80.06円)やレンジ下限と目される79円台前半へのリトライも見えてきます。


◎関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、為替取引に当たっては自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

当ブログでは相互リンクしていただけるサイト様を随時募集しております。
こちらから簡単にご申請いただけます。
↓ブログランキングに参加しています↓応援よろしくお願いします↓
FC2ブログランキングへ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ ブログランキング FXランキング ブログ為替レート

| 豪ドル予想レンジ | 12:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://omufx.blog.fc2.com/tb.php/194-a271dbd7

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。