失敗しても泣かない。低所得者がFXで長期運用に挑戦。

略して「もなかFX。」低所得者がFXで長期運用に挑戦しています。 目標は、失敗しても泣かないこと。 60歳で貯蓄5000万円を目指して。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓ブログランキングに参加しています↓応援よろしくお願いします↓
FC2ブログランキングへ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ ブログランキング FXランキング ブログ為替レート

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

少ない資金で資産運用

FXでは、少ない資金から取引を始めることが可能です。

例えば、外貨預金で1万ドルを購入するには、1ドル=80円の場合には80万円もの資金が必要となります。

しかし、FXでは1万ドル8万円で購入するという取引が可能で、この状態をレバレッジ10倍で運用するといいます。

レバレッジとは、小さな証拠金で大きな金額を動かすことで、FX取引の場合にはこのレバレッジによって証拠金(元金)の1~25倍の金額で運用することが可能です。

このレバレッジを利用して小さな為替変動でも、大きな差益を得ることができるのが、FXの大きな魅力にもなっています。

例) 1ドル80円の時に80万円を証拠金として、10万ドルを購入するとします。
   この時のレバレッジは10倍。

   為替が1ドル81円になれば、10万円もの利益を得ることが出来るということになります。


このようにFXでは、レバレッジを利用して大きな利益を得ることが可能です。

しかし一方で、リスクも大きいということを忘れてはいけません。

もし先ほどの例で、1ドル80円で購入した後、1ドルが79円になったとしましょう。
レバレッジ1倍で運用している場合は1万円の損失が発生し、レバレッジ10倍で運用している場合は10万円の損失が出ることになります。

つまりレバレッジとは、ハイリターンを生み出す反面、ハイリスクであることを知っておきましょう。

FXの初心者の場合は1~3倍くらいで様子を見ることをおすすめします。始めは小額でトレードをして、勝率がアップしたら売買単位を増やすくらいの安全策を講じる妥当といえるでしょう。


⇒次項忙しい人でも取引可能なFX
↓ブログランキングに参加しています↓応援よろしくお願いします↓
FC2ブログランキングへ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ ブログランキング FXランキング ブログ為替レート

| FX初心者講座 | 15:52 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。