失敗しても泣かない。低所得者がFXで長期運用に挑戦。

略して「もなかFX。」低所得者がFXで長期運用に挑戦しています。 目標は、失敗しても泣かないこと。 60歳で貯蓄5000万円を目指して。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓ブログランキングに参加しています↓応援よろしくお願いします↓
FC2ブログランキングへ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ ブログランキング FXランキング ブログ為替レート

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

本日の豪ドル平均予想レンジ -2012年07月13日-

本日の豪ドル平均予想レンジ 79.85~ 81.10円

6月の豪雇用統計では失業率が5.2%と5月の5.1%から上昇、加えて就業者数も前月と変わらずの市場予想に対し、2万7000人減少した。

この結果を受けて、市場では豪準備銀行(rba)の利下げ観測が一部台頭し、豪ドルが下落した。

ただ、今回の結果はこれまでの利下げを正当化するものではあるが、この材料だけでrbaが今後直ちに追加利下げに動くことはないと、シティはみている。

7月25日に発表される4-6月期の豪消費者物価指数が8月以降の金融政策を判断する上での重要な参考となろう。

本日は中国で6月の鉱工業政策、4-6月期のgdp、6月の小売売上高など重要な経済指標が発表されるが、いずれも前回より小幅に減速する見通しで、豪ドルの上値を抑えよう。(CITIBANK)


11時に発表された中国の経済指標は以下の通りです。
【第2四半期実質GDP(前期比)】
前期:+1.8% 予想:+1.6% 結果:+1.8%(前期分を+1.6%へ修正)

【第2四半期実質GDP(前年比)】
前期:+8.1% 予想:+7.7% 結果:+7.6%

【6月鉱工業生産(前年比)】
前月:+9.6% 予想:+9.8% 結果:+9.5%

【6月小売売上高(前年比)】
前月:+13.8% 予想:+13.4% 結果:+13.7%

実質GDPはほぼ市場予想通り、鉱工業生産は市場予想よりも弱かったですが、小売売上高は強め、というマチマチの結果になりました。

ただ、この発表後の豪ドルは一応買い優勢となりました。

中国景気への懸念が強い中でしたので、「思ったよりは悪くないかな」という感じでしょうか。そのせいか、既に豪ドル買いも一服しており、値幅もかなり限られた感じになっています。


今日の豪ドル/円テクニカル見通し

昨日の豪ドル/円は、20日線を下抜いて80.06円まで大きく下落しました。

これにより下値余地が拡大するとともに、20日線や200日線が位置する節目の81.00円付近では戻り売りが強まることが予想されます。

本日は大台の80円を維持的できるかに注目であり、割り込むとバンド下限(79.32円)や6/25安値(79.30円)が位置する79円台前半が見えてきそうです。

まず下値目処は、今まで下値を支えていた80円台後半から81円台前半のゾーンを下抜けたことで、大台の80円や冒頭で触れた79円台前半が挙げられます。

反対に上値目処は、それまでのサポートがレジスタンスに変化している可能性を考えますと、80円台後半から81円台前半では上値の重い展開が予想されます。

このあたりを突破できるかに注目ですが、20日線の傾きもそれまでの上向きから横ばいへと変化しており、突破へのハードルは低くはなさそうです。

◎関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、為替取引に当たっては自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。
↓ブログランキングに参加しています↓応援よろしくお願いします↓
FC2ブログランキングへ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ ブログランキング FXランキング ブログ為替レート

| 豪ドル予想レンジ | 11:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://omufx.blog.fc2.com/tb.php/177-80fb49d7

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。