失敗しても泣かない。低所得者がFXで長期運用に挑戦。

略して「もなかFX。」低所得者がFXで長期運用に挑戦しています。 目標は、失敗しても泣かないこと。 60歳で貯蓄5000万円を目指して。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓ブログランキングに参加しています↓応援よろしくお願いします↓
FC2ブログランキングへ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ ブログランキング FXランキング ブログ為替レート

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

本日の豪ドル平均予想レンジ -2012年07月12日-

本日の豪ドル平均予想レンジ 80.93~ 82.10円

豪ドルは反発。

①7月の豪消費者信頼感指数が99.1と2月以来の高水準となり、景気の先行き期待が高まった。

②欧州中央銀行(ecb)による追加緩和観測がくすぶるなか、豪欧金利差拡大を見越した豪ドル買い・ユーロ売りが継続した。

などが要因として挙げられる。

こうしたなか、豪ドルは対米ドルで1.01米ドル台後半から1.02米ドル台後半、対円は80円台後半から81円台後半へ上昇した。

今日は6月の豪雇用統計が発表されるが、豪ドルは対米ドル、対円ともに小じっかりとした展開となろう。

対円の下値メドは200日移動平均線81円11銭。

他方、上値メドは90日移動平均線82円07銭や7月5日高値82円35銭。(CITIBANK)

今日の豪ドル/円テクニカル見通し

昨日の豪ドル/円は、20日線を下抜けるにに見えましたが下げ止まり、その後は6日線を突破した81.74円まで上値を広げました。

ただ本稿執筆時点では、豪6月雇用統計が予想より弱い内容となったこともあり、前日陽線に被さる形となっており、方向感が見えにくい展開となっています。

目先的には20日線(80.91円)や7/10安値(80.66円)が位置するレベルでの攻防に注目であり、これらを下抜けることができなければレンジ形成、下抜ければ下落トレンド入りが予想されます。

まず下値目処は、本稿執筆時点での下押しが81.06円に留まるなど、200日線(81.14円)などが位置する81円台前半も挙げられますが、攻防の分岐点という点では、20日線(80.91円)や7/12安値(80.66円)などが位置する80円台後半に注目です。

ここを下抜ける場合はバンド下限(79.19円)や6/25安値(79.30円)が位置する79円台前半に向けた一段安が予想されます。

反対に上値目処は、81.10円台を上抜けたことで、6日線(81.42円)などが位置する81円台半ば、その上は7/5高値(82.36円)などが位置する82円台前半が挙げられます。

◎関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、為替取引に当たっては自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。
↓ブログランキングに参加しています↓応援よろしくお願いします↓
FC2ブログランキングへ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ ブログランキング FXランキング ブログ為替レート

| 豪ドル予想レンジ | 12:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://omufx.blog.fc2.com/tb.php/175-6f4eb603

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。