失敗しても泣かない。低所得者がFXで長期運用に挑戦。

略して「もなかFX。」低所得者がFXで長期運用に挑戦しています。 目標は、失敗しても泣かないこと。 60歳で貯蓄5000万円を目指して。

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓ブログランキングに参加しています↓応援よろしくお願いします↓
FC2ブログランキングへ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ ブログランキング FXランキング ブログ為替レート

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

委託介入 -FX用語集-

世界各国の通貨は、固定変動制が採用されていない限り「変動」し、取引量や需要と供給のバランスによって変動する「幅」も変わってきます。

たとえば、何らかの要因で、ある通貨の取引量が一気に大きくなり、また、それに伴って需要と供給のバランスが崩れたとしましょう。

こうなると、その通貨は大きく変動することになり、市場におおきな混乱をもたらすことになります。

市場が大きく乱れると、輸出関連の企業やそれに従事している人たちにも大きな損失を与えてしまう可能性が出てきます。

そういう場合、「委託介入」が行われることになります。

委託介入(いたくかいにゅう)とは、海外の通貨当局に介入を依頼することを意味し、為替相場の急激な乱高下を緩和する為に、各国の通貨当局(中央銀行)が、外国為替の売買を行ないます。

例えば、ドルに対して円高が行きすぎと判断されれば、日本の通貨当局である日銀は「円を売り」、「ドルを買う」という介入を行います。

政府・日銀が主に介入を委託する先は、欧州市場ではECB(European Central Bank・欧州中央銀行)、ロンドン市場ではBOE(Bank of England・英国中央銀行)、ニューヨーク市場ではFED(FederalReserve Bank・米連邦準備銀行)となります。
スポンサーサイト
↓ブログランキングに参加しています↓応援よろしくお願いします↓
FC2ブログランキングへ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ ブログランキング FXランキング ブログ為替レート

| FX用語集 | 22:03 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

FX用語集

■ 頭文字
あ行 |い|う|え|お ・は行: は|ひ|ふ|へ|ほ
・か行: か|き|く|け|こ ・ま行: ま|み|む|め|も
・さ行: さ|し|す|せ|そ ・や行: や|ゆ|よ
・た行: た|ち|つ|て|と ・ら行: ら|り|る|れ|ろ
・な行: な|に|ぬ|ね|の ・英字: B|C|E|F|G|I|J|L|N|O|T|W

 あ行

 
相対取引
アスク
アベレージ・コスト
アイザー・ウェイ
アセットアプローチ
アマウント  
アウトライト
アナリスト
アービトラージ 
アゲインスト
アノマリー
 
 い
委託介入
↓ブログランキングに参加しています↓応援よろしくお願いします↓
FC2ブログランキングへ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ ブログランキング FXランキング ブログ為替レート

| FX用語集 | 21:27 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

アービトラージ -FX用語集-

アービトラージ」とは、日本語に訳すと「裁定取引」となり、同じ価値を持つ商品の価格差を利用して利鞘を稼ぐ取引のことをいいます。


例えば、FX取引のアービトラージですと次のようなケースがあります。

ある時、為替相場が、1ユーロ=130円1ユーロ=1.5ドル1ドル=90円になったとします。

この時に、① 130万円で1万ユーロを買う。② その1万ユーロを売って1万5000ドルにする。③ 1万5000ドルを売って円を買い戻すという取引を行なうと、130万円が135万円になり、5万円の利鞘を稼ぐことができます。

実際には、このような主要通貨の外国為替市場などでは、短時間で価格差が収束するので、アービトラージの余地はほとんどありませんが、このような価格差が生じているという情報を掴みにくい市場や、市場参加者がまだ少ないといった状況であれば、比較的余裕を持ってアービトラージを行うことが可能になります。

アービトラージは、様々な市場で行われており、古本やCD・DVDなどを安く仕入れて来て、ネットオークションで高く売る、いわゆる「せどり」と言われる手法も、広い意味ではアービトラージと考えてよいでしょう。
↓ブログランキングに参加しています↓応援よろしくお願いします↓
FC2ブログランキングへ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ ブログランキング FXランキング ブログ為替レート

| FX用語集 | 18:45 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

アマウント -FX用語集-

アマウント」とは、直訳すれば「金額」。外貨取引では「取引量」をあらわす言葉です。

たとえば、ドル円で100万ドルで取引するときは「アマウント=100万ドル」などという言い方をします。

日本国内のFX業者ではあまり使うケースはないのですが、FX関連の書籍やセミナーなどでは時々聞く言葉ですので、意味だけは知っておきたいものです。
↓ブログランキングに参加しています↓応援よろしくお願いします↓
FC2ブログランキングへ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ ブログランキング FXランキング ブログ為替レート

| FX用語集 | 18:04 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

アベレージコスト -FX用語集-

アベレージコスト」とは、同一銘柄のポジションを複数にわたって保有している場合の、平均持ち値のことを指します。

含み益や含み損の「割合」や、保有しているポジションの「変動推移」などを把握しておくことは重要なことです。

アベレージコスト」を日本語に訳すと、「平均費用」ということになりますが、FX取引の世界では「ポジションの平均値」のことをさします。

たとえば、1豪ドル80円の時と、1豪ドル90円の時に購入した場合のアベレージコストは85円となります。

レバレッジをかけて取引をする場合は、このアベレージコストを基準にロスカットラインを把握しておくことも重要となります。
↓ブログランキングに参加しています↓応援よろしくお願いします↓
FC2ブログランキングへ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ ブログランキング FXランキング ブログ為替レート

| FX用語集 | 13:55 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。