失敗しても泣かない。低所得者がFXで長期運用に挑戦。

略して「もなかFX。」低所得者がFXで長期運用に挑戦しています。 目標は、失敗しても泣かないこと。 60歳で貯蓄5000万円を目指して。

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓ブログランキングに参加しています↓応援よろしくお願いします↓
FC2ブログランキングへ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ ブログランキング FXランキング ブログ為替レート

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

FXは安全なの?

FXは「ハイリスク・ハイリターン」そういう認識を持っている人が多いと思いますが、これは大きな間違いです。

なぜこのような間違った認識を持つ人が増えたかというと、FXが開始された当初一部のFX業者が「とにかくレバレッジ(入金額の何倍ものお金を運用すること)をきかせた方がよい」と勧誘していたことに端を発します。

確かにレバレッジは、FX取引をする上で欠かせないものですが、FXをよく理解していない顧客に対し、リスクを説明せずに無謀なレバレッジをさせていては好ましい結果など生まれるはずもありません。

当時、高レバレッジで投資していた主婦たちが莫大な借金を抱えたという話題がTVや雑誌の一面を飾りました。

こういった報道等で、FXは「ハイリスク・ハイリターン」という意識を多くの方が持つようになったのです。

FXは、国の通貨同士を取引します。

倒産リスクや変動リスクを考慮すれば、株取引よりはるかに安全な金融商品です。

ハイリスクにするか、ローリスクにするか。それはあなたの取引方法次第なのです。


⇒次項FXで資産を増やすには?
スポンサーサイト
↓ブログランキングに参加しています↓応援よろしくお願いします↓
FC2ブログランキングへ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ ブログランキング FXランキング ブログ為替レート

| FX初心者講座 | 18:18 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

FXの注意点

FXに限ったことではありませんが、投資では損をしたとしても常に自己責任であるということを頭に入れておきましょう。

今や、インターネットやテレビで様々な情報が手に入る時代です。

たとえば経済の評論家が、相場で百戦錬磨のトレーダーが、詐欺まがいのFX商材が、「これからは円安ドル高が進む」と予想したとします。

あなたはそれを信じてドルを買いました。ところが円安がすすむどころか、円高になってとても大きな損益をかかえてしまったとしましょう。

その時になって「評論家が嘘をついた」「騙されたから訴えたい」と思っても後の祭りです。

投資は常に自己責任。「その意見を信じようと決めたのはあなた自身」だからです。

為替相場は様々な要因によって常に変動しているため、評論家でも予想を当てるのは困難です。

評論家はその意見に至った理由は持っているので、それを参考意見として聞くことは大切ですが、意見を鵜呑みにして結果的に損失を出したとしても、投資の世界ではそれは他人のせいではなく、「他人の意見を鵜呑みにしてしまったあなたの責任」になるのです。

投資を行う際には投資方法やロスカットのルールなどを事前に決め、経済指標や評論家の意見などを総合的に判断して自分なりの判断を下すようにしましょう。

それから「100%確実に勝てる!月100万円確実に増やす!!」

こうした宣伝文句のFX商材は数え切れないほど市場に出回っています。

その手法で損を出してしまったことを商材側の責任にしてしまいがちです。

確かに商材側にも問題はありますが、世の中にそんなにうまい話はありません。

100%確実に勝てる方法などありはしないのです。

事前にしっかりと頭に入れておきましょう。
↓ブログランキングに参加しています↓応援よろしくお願いします↓
FC2ブログランキングへ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ ブログランキング FXランキング ブログ為替レート

| FX初心者講座 | 19:11 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

忙しい人でも取引可能なFX

同じ金融商品である株は証券取引所が開いている9時から15時までが日本での売買時間となっていますが、FXは平日ならば24時間取引が行われています。

会社員や自営業の方はもちろん、家事で忙しい主婦でも、時間に拘束されずに取引が可能です。

日本時間の5時にニュージーランドのウェリントン市場で取引が開始されると、7時にオーストラリアのシドニー、8時に日本の東京、9時に香港と続いていきます。

16時にイギリスのロンドン、21時にアメリカのニューヨークと市場が開き、どの国も積極的な取引が行われていきます。

特に日本の会社員が在宅している22~24時は、ロンドンとニューヨークといった大きな市場の商いが活発なので、短期売買がしやすいため、副業としても人気が集まっています。

■24時間いつでも取引ができる(FX業者のメンテナンス時間を除いて)ので、時間がない方でも取引が可能で、さらに手数料が株などの他の金融商品よりも格安。

■買いだけではなく売りができるため。円安と円高のどちらの局面でも利益を狙うことが可能。

■ネットがあれば簡単に始められ、スマホなどでも売り買いが可能。

現在の日本の低金利が有利に働き、レバレッジでリスク分散ができるFXは、手軽に始められて時間の融通が利きく、金融商品だということがいえるでしょう。


⇒次項FXの注意点
↓ブログランキングに参加しています↓応援よろしくお願いします↓
FC2ブログランキングへ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ ブログランキング FXランキング ブログ為替レート

| FX初心者講座 | 16:50 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

少ない資金で資産運用

FXでは、少ない資金から取引を始めることが可能です。

例えば、外貨預金で1万ドルを購入するには、1ドル=80円の場合には80万円もの資金が必要となります。

しかし、FXでは1万ドル8万円で購入するという取引が可能で、この状態をレバレッジ10倍で運用するといいます。

レバレッジとは、小さな証拠金で大きな金額を動かすことで、FX取引の場合にはこのレバレッジによって証拠金(元金)の1~25倍の金額で運用することが可能です。

このレバレッジを利用して小さな為替変動でも、大きな差益を得ることができるのが、FXの大きな魅力にもなっています。

例) 1ドル80円の時に80万円を証拠金として、10万ドルを購入するとします。
   この時のレバレッジは10倍。

   為替が1ドル81円になれば、10万円もの利益を得ることが出来るということになります。


このようにFXでは、レバレッジを利用して大きな利益を得ることが可能です。

しかし一方で、リスクも大きいということを忘れてはいけません。

もし先ほどの例で、1ドル80円で購入した後、1ドルが79円になったとしましょう。
レバレッジ1倍で運用している場合は1万円の損失が発生し、レバレッジ10倍で運用している場合は10万円の損失が出ることになります。

つまりレバレッジとは、ハイリターンを生み出す反面、ハイリスクであることを知っておきましょう。

FXの初心者の場合は1~3倍くらいで様子を見ることをおすすめします。始めは小額でトレードをして、勝率がアップしたら売買単位を増やすくらいの安全策を講じる妥当といえるでしょう。


⇒次項忙しい人でも取引可能なFX
↓ブログランキングに参加しています↓応援よろしくお願いします↓
FC2ブログランキングへ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ ブログランキング FXランキング ブログ為替レート

| FX初心者講座 | 15:52 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

FXで資産を増やすには?

FXで利益を上げるにはふたつの方法があります。

ひとつ目は、為替差益。

為替の変動を予想することによって売買益を得るという方法で、金融投資の基本的な手法です。

安く買った通貨を高く売る」又は「高く売った通貨を安く買い戻す

具体的に解説すると、

安く買った通貨を高く売る
これは言葉通りの意味で、100円で買った通貨を120円で売ると20円の利益が出るということです。
これは一般的なのでわかりやすいと思います。

高く売った通貨を安く買い戻す
FXの場合は、他の外貨商品と違って円を買うこともできるので、いきなり「外貨の売り」から入ることもできます。(株式でいう信用取引と同じ原理です)
120円で売った外貨が110円になった場合、この外貨を買い戻せば10円の利益が出ることになります。

外貨だとわかりにくいので「もの」にたとえて見ましょう。

あなたは、友達Aから借りた鉛筆を、友人Bに100円で売ったとします。(勝手に人のモノを売る行為は人としてどうなのかという点はこの際目をつぶって・・・・・)
あなたの手元には鉛筆を売ったお金100円が残ります。
次の日、友達Bから鉛筆を80円で買い戻しました。
この場合、あなたの手元には鉛筆と現金20円。
あとは、鉛筆を友達Aに返せばあなたの手元には現金20円が残ることになり、20円の利益を得たことになります。

これが「高く売った通貨を安く買い戻す」ということです。


FXで利益を上げるふたつ目の方法、それは「スワップ金利(スワップポイント)」です。

たとえば、日本の政策金利が0.1%の時に、豪(オーストラリア)ドルのような高金利通貨(政策金利4.25%)を買ったとします。

「4.25%-0.10%=4.15%」

両国の政策金利の比率が変わらなければ、豪ドルを保有中はずっと年利4.15%もの金利がもらえることになります。

FX初心者の場合は、円高や円安を狙って頻繁に取引を繰り返すよりも、低金利の日本と諸外国の金利差を利用して、外貨を購入することから始めると少ないリスクで経験を積んでいける。とも言えます。

この二国間の金利差を「スワップポイント」と言い、保有中は、毎日受け取ることができます。

例えば、豪ドル80円の時、80万円で1万通貨ほど買えば、1日約100円もの金利が受け取れることになり、1年間で3万6,500円にもなります。

ただし、保有中も為替が変動することを忘れてはいけません。

長期間外貨を保有する場合は、将来の為替変動を考慮した上でポジションを建てる(FXでは「買い」から入ったものを「ロングポジション」、「売り」から入ったものを 「ショートポジション」というふうに言います)ことが重要となります。


⇒次項少ない資金で資産運用
↓ブログランキングに参加しています↓応援よろしくお願いします↓
FC2ブログランキングへ 人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ ブログランキング FXランキング ブログ為替レート

| FX初心者講座 | 14:31 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。